キャバクラとの違いは|女性だけで安心の職場/ガールズバー求人で楽しく収入稼ぎ

女性だけで安心の職場/ガールズバー求人で楽しく収入稼ぎ

キャバクラとの違いは

キャミソールの女性

女の子と会話を楽しみながらお酒を飲む…。
これってなんだかキャバクラみたいですよね。
人によってはガールズバーとキャバクラの違いを明確にわかっていない可能性もあります。
そこで、ガールズバーを利用する男性客はもちろん、ガールズバー求人へ応募しようと考えている女性もぜひ両者の違いを知っておきましょう。

ガールズバーとキャバクラが決定的に違う点は、それぞれの営業形態にあります。
キャバクラが「風俗営業の接待飲食等営業」としているのに対し、ガールズバーは「深夜種類提供飲食店」として営業しています。
これによって何が変わってくるかというと、一番大きいのは営業時間でしょう。
キャバクラは風営法によって0時までの営業と制限されているのですが、ガールズバーは飲食店ですので深夜遅くまで、もしくは早朝までの営業も可能なのです。

また、女の子の接客スタイルにも違いが見られます。
キャバクラは男性客のすぐ隣に座り、体がくっつくかどうかくらいの距離でお酒を提供したり会話します。
ですが、ガールズバーは飲食店なため、こういったスタイルでの接客はできません。
ゆえにカウンター越しに料理やお酒を提供し、会話をすることになるのです。
これは求人を探している女の子にとってもありがたい部分で、男性客と一定以上の距離を保って会話ができるため、セクハラなどの被害に遭うことなく働けますよ。